量を調節してコレステロールを下げる!DHA、EPAの含まれるサプリメントの活用

栄養補助食品

EPAを凝縮

栄養補助食品

EPAは青魚に含まれている、必須脂肪酸の一つです。EPAには血管を広げる効果があり、動脈硬化の予防になるともいわれています。EPAはサプリメントで摂取することも可能です。

読んでみよう

サポニンで抑える

老人

ヘモグロビンa1cは体内のヘモグロビンとブドウ糖により発生する成分で、増えると血糖値が上昇するため気をつけておきましょう。サポニンやクロムといった成分でヘモグロビンa1cを抑えることができます。

読んでみよう

乳酸菌を胃腸まで届ける

スムージー

乳酸菌の効果を得るためには、乳酸菌を胃腸まで届ける必要があります。乳酸菌は酸に弱いため、サプリメントを活用して胃腸まで乳酸菌を届けることが大切です。乳酸菌にはデトックス効果もあるため、よく把握しておきましょう。

読んでみよう

量を調節する

お腹

コレステロールは人間には欠かせない成分の一つです。コレステロールが無いことには細胞を保護することができなくなるため、一定の量は必要となる成分なのです。体内で生成されるコレステロールは、食事から摂取することも可能です。ただ、コレステロールが増え過ぎると問題が起こることもあるため、体内にはその量を調節する機能を持っているものまであります。コレステロールが極度に多いと脂質が過剰に増えて、肥満につながるだけではなく、糖尿病といった病気になることがあります。そのため、コレステロールを下げることが大切なのです。コレステロールを下げるためにはその役割を持った成分を摂取することが大切なのです。

基本的にコレステロールには2つの種類があるといわれています。それが悪玉コレステロールと善玉コレステロールです。悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化になることもあるため、それ減らすことが大切なのです。悪玉菌コレステロールを下げる効果があるといわれているのが、DHAです。DHAは青魚に含まれている成分ですが、青魚にはEPAといわれる成分も含まれています。この両方に悪玉コレステロールを下げる効果があります。DHAやEPAを含んだサプリメントを活用して悪玉コレステロールを下げるのも一つの方法です。そのようなサプリメントを購入するときは、パッケージの情報をよく確かめるといいでしょう。DHAやEPAのサプリメントの口コミをまとめたサイトもあるため参考にするのもいいでしょう。