量を調節してコレステロールを下げる!DHA、EPAの含まれるサプリメントの活用

薬

EPAを凝縮

栄養補助食品

EPAは今注目の栄養素として高い評価を集めています。EPAは青魚に含まれる成分の一つで体内には欠かせない栄養素といわれています。というのも体内には必要な成分として必須脂肪酸があります。その一つがEPAなのです。EPAは青魚に含まれる成分の一つですが、その効果を得るために青魚を毎日大量に食べないといけません。それを行うのが難しいという人は、EPAをサプリメントで摂取することも大切です。EPAには、血管を広げる効果を持っています。血管が狭くなってしまうと、血液が体内を駆けまわりにくくなり問題が起こるのです。特に血管が狭くなると動脈硬化といわれる病気が起こります。動脈硬化が起こると、心筋梗塞を発生させることもあるため気をつける必要があります。

この他にもEPAには、花粉のアレルギーに効果があるといわれています。アレルギーに効果があるのはその元となる物質を抑制するためです。特にEPAの効果として知られているのが、コレステロールを減らす効果です。コレステロールが増えると、血液がドロドロになるため、血栓や高血圧につながる恐れがあります。ただ、EPAを補給することでコレステロールを減らすことができるため、このような問題を予防することも可能です。EPAは青魚に多数含まれているといわれていますが、サプリメントならそれをさらに凝縮しているためかなりの効果を実感することができます。EPAをサプリメントで摂取する際はサプリメントの成分量をよく確かめることが大切です。