量を調節してコレステロールを下げる!DHA、EPAの含まれるサプリメントの活用

薬

乳酸菌を胃腸まで届ける

スムージー

腸内環境に効果があるといわれる乳酸菌はヨーグルト等に含まれている成分の一つです。その役割は乳酸を発生させる成分ですが、この乳酸菌には特徴があります。それが酸を受けると消滅してしまうという特徴です。乳酸菌をヨーグルト等から摂取すると、胃腸にたどりつく前に、胃酸にぶつかります。そうなると、乳酸菌はほとんど消滅してしまい腸内まで菌がたどりつくことはありません。そうなってしまうと役割を果たしにくくなるため、乳酸菌を胃腸まで届けることが大切なのです。その方法が、乳酸菌を含んだサプリメントの活用です。サプリメントには、乳酸菌を守るための加工物があります。そのため、酸とぶつかった際も乳酸菌が消滅することはありません。

このサプリメントの役割は大きく徐々に胃の中で加工物が溶けた際に乳酸菌が胃腸の中で発生し効果を得られます。乳酸菌の効果を得るためには、ある程度の量を摂取する必要がありますが、サプリメントならその量をできるだけ簡単に摂取することができます。乳酸菌には、風邪を引きにくくすることができるという効果があります。というのも乳酸菌が増えることで、悪玉菌を減らすことができます。悪玉菌を減らすことで自然と善玉菌が増えることになり、その善玉菌の効果で風邪を引きにくくなるのです。乳酸菌には、デトックス効果もあるといわれています。というのも乳酸菌で腸内環境を一掃することで、体内に存在する毒素を排出することができるのです。乳酸菌には多数の効果があるといわれているためよく確かめておきましょう。